~厨房便り~ イタリアン TRATTORIA Casa Calma 北千住     






スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


自家製ピクルス :: 2014/01/21(Tue)

    簡単美味しい自家製ピクルス

ピクルスを仕込みました。

ピクルス

このピクルス超簡単なので皆さんもご家庭で作ってみて下さい。

と言う事でレシピを公開!!


~基本のマリネ液のレシピ~
*白ワインビネガー  100cc
*白ワイン   50cc
*水   200cc
*ブラックペッパー(ホール)  6粒
*ローリエ   1枚
*塩   15g
*はちみつ   35g

材料を鍋に入れ一煮立ちさせたら冷やして御好みの
野菜を漬け重しを乗せるだけ。

3日もすれば食べられます。
浅漬けも美味しいですが、2か月位経った
古漬けも美味しです。

マリネ液の量は、先ず漬けこむ容器に野菜を
なるべくつめつめに入れて、
野菜の8分目位まで水を入れてその水がどの位入るか
測り、その分だけマリネ液を作ればOKです。

重し乗せておくと野菜から水が出て
ちょうど良い量になります。

例えば水が200cc入ったとしたら、
基本のマリネ液は400ccなので
半分の量で作ればOK。

マリネ液を基本と言ったのは、
これにいろいろな香辛料なんかも入れても
美味しくなります。

例えばちょっぴり辛口にしたければ鷹の爪を入れたり
さっぱり目にしたければレモンを入れたり
ハーブ(タイム、ディル)なんかを入れてもOK
他にはクローブやシナモンスティックなどの
香辛料など入れても美味しいし
にんにくや生姜を入れたり
旨味に昆布なんかを入れても...

と言った感じでいろいろ試してみるのも
楽しいかと思います。

是非試してみて下さい。




スポンサーサイト
  1. 簡単レシピ
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0


沖縄料理 :: 2012/05/18(Fri)

    らふてー



、イタリアンをやる前いろいろやってまして、
その中の1つが”しゃぶしゃぶ屋”。

その時の秘伝の「ごまダレ」は、以前に
お伝えしました「⇒秘伝のごまダレの作り方」が、
今回はなぜかその店で出していた沖縄料理の1つ、

「らふてー」

の作り方をお伝えします。

最初にお伝えしておきますが、時間がある時にやってみて下さい。



ではでは、

DSCF1615.jpg


豚肉のバラ肉をたっぷりの水で茹でます。

DSCF1618.jpg

ことこと、2時間!!

*時間のあるときやってみて下さい。

2時間後、
DSCF1619.jpg

で、崩れないように肉をボールに取りだします。
DSCF1620.jpg

肉は一度水で、周りに付いているアクなどを洗います。
DSCF1623.jpg

茹で汁は、容器に移ししっかり冷やします。
DSCF1625.jpg

しっかり冷やすと浮いている油が固まりこの様に取り除き、
DSCF1634.jpg

油は、ビニール袋に入れしっかり縛り、生ごみへ、
ぜったい流して捨てないで下さい。

で、茹で汁は野菜をたっぷり入れて味噌をとき、豚肉の入ってない
豚汁にしましょう。

洗った豚肉、
DSCF1624.jpg

これを一度冷蔵庫で冷やします。
冷やすと崩さないでカットできます。

こんな感じに包丁でカット、
DSCF1626.jpg

これをこんな感じに、
DSCF1627.jpg
鍋に並べて、

ではでは材料です。

(今回肉は1キロです)

DSCF1628.jpg

*泡盛   300㏄
*水    200㏄
*黒糖   100g
*醤油   60㏄ 
*こんぶ  1枚

と、ティーバックに入れた鰹節、
DSCF1631.jpg
*適量

残った泡盛はロックで飲みましょう。

*時間のある時やってみて下さい。

これを豚肉の並べた鍋に全て入れ、
DSCF1632.jpg
アルミホイルで落とし蓋を
DSCF1630.jpg

で、弱火でことこと2時間!!


*時間のある時やってみて下さい。

2時間後、
DSCF1635.jpg

で、今回は半熟味玉も作ります。

茹でたのは、玉で、沸騰しているところに入れ弱火3分30秒
すぐに氷水の中へ、

殻をムキ煮汁に、
DSCF1636.jpg

肉といっしょに上にキッチンペーパーを被せ、
DSCF1637.jpg

*時間のある時やってみて下さい。

1晩冷蔵庫のなかで漬けこみます。


1晩経ったら半熟味玉を取り出し、
肉と煮汁を鍋に戻し温め盛り付け、からしを添えて、

完成!!

DSCF1645.jpg


 肉をレンジでチ~ン!!は、しないで下さい。
肉が破裂して後で掃除が大変になります。

半熟味玉はこんな、
DSCF1646.jpg

そして最後は、
DSCF1647.jpg

これで〆!!

是非時間がある時試してみて下さい。

  1. 簡単レシピ
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0


トマトソース :: 2012/05/04(Fri)

     美味しいトマトソースの作り方



お家でトマトソースのパスタを作った時
「なんか酸っぱくて美味しくな~い!!」
な~んて事ありませんか?

はっきり言ってトマトの缶詰をそのまま使っても美味しくありません。

その為にちょっと一手間加えるだけで、
美味しいトマトソースになります。

今日はそのご紹介です。

~用意するもの~

*トマトの缶詰(ダイスカットの物が使い良いと思います)
*にんにく・・1片
*オリーブオイル
*バジリコ・・・4,5枚
*塩

では、

にんにくを軽くつぶし、鍋を傾けてにんにくが浸る位オリーブオイルを入れます。
DSCF1601.jpg

弱火でじっくり火を入れます。

しばらくするとにんにくから泡が出てきます。
それでも弱火でじっくり
DSCF1602.jpg

DSCF1603.jpg
にんにくがきつね色になったら一端火を止めます。

泡が止まったら鍋を並行に戻しバジリコをちぎって投入、
DSCF1604.jpg

そしてトマトの缶詰を投入、
DSCF1605.jpg

軽く塩をして、ここで1度味見

トマトの酸味がどの位あるか確認して下さい。
塩は薄い位でOKです。

そして弱火で火にかけます。

煮込むと酸味は飛びます

どの位酸味を残すかはお好みで、

しばらくするとアクが浮いてきます。
DSCF1606.jpg

アクは丁寧に取りましょう。
DSCF1607.jpg

弱火でことこと焦げ付かないようにかき混ぜながら。

煮込むこと30分位

DSCF1608.jpg

完成です!!

使い切れない場合小分けして、ジップロックなどに入れて
冷凍保存。

使う時は必ず再び火を入れましょう。


  1. 簡単レシピ
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0


万能”ケッカソース” :: 2011/12/14(Wed)

    簡単!万能!”ケッカソース”


なんだか最近料理以外の話題が続いたので、
今日は、ちょっと便利で簡単なレシピを紹介します。

ケッカソースとは、基本的には、フレッシュトマトとフレッシュバジリコとオリーブオイル、
がベース。

先ずはトマト、
IMG_0229.jpg


湯剥きして、
IMG_0230.jpg



3㎜角にカット、
IMG_0232.jpg


ボールに入れて、
IMG_0234.jpg


軽く塩を、
IMG_0237.jpg


で、しばらくかき混ぜます、
IMG_0238.jpg


すると、トマトから水分が、出てきます、
IMG_0240.jpg


続いて、バジリコ、
IMG_0241.jpg


枝から葉を取り、
IMG_0243.jpg


枝ももったいないので、別々に刻みます、
IMG_0244.jpg


を、ボールに入れ、オリーブオイルと赤ワインビネガーと、
が、 はちみつ 
IMG_0245.jpg


はちみつを入れると、コクが

入れすぎても

トマトの酸味に、赤ワインビネガーの酸味、
トマトの甘みに、はちみつの甘み、

後は、塩を調整し、かき混ぜて、
IMG_0247.jpg


容器に移し、で、保存。
2,3週間は、保存可能です。

冷蔵庫で冷えてオリーブオイルが固まる場合があるので、
常温に戻し、使う前によ~くかき混ぜて下さい。

で、使い方の例は、
・カルパッチョに、
・ドレッシングとしてサラダに和えたり、
・ボイル野菜(ブロッコリー、カリフラワー、ポテト、ほうれん草、インゲン・・・)に和えたり、
・魚のソテーに、
・チキン、ポーク、ビーフのソテーに、
・カツレツに、
・もちろんパスタのソースに、
・トーストに乗せ、ブルスケッタに、

こんな感じに、生モノ、ボイルしたモノ、焼いたモノ、
野菜、魚、肉、と、なんにでも使えます。


お試し下さい。

普通の物が、ご家庭で、 な、感じに

  1. 簡単レシピ
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0


秘伝ゴマだれ :: 2011/11/02(Wed)

   簡単ゴマだれレシピ


、イタリアンをやる前いろいろやってまして、
とんかつ屋、ステーキハウス、カレー屋、オムレツ屋、
そして、 しゃぶしゃぶ屋

その時伝授した、ゴマだれのレシピを公開しちゃいま~す。


先ず、材料です。
DSCF1346.jpg
・いり白ごま  150g
・酒  100㏄
・みりん  100㏄
・醤油  40㏄
・コチュジャン  50g
・にんにく  2片


では、酒とみりんを鍋にあけ、煮切ります。
DSCF1347.jpg
ファイヤー
最近のキッチンの換気扇のフードが、フィルターペーパーを貼っつけるタイプの場合、
燃える危険があるので、ペーパーは外しましょう。

が消えれば

ごまをフードプロセッサーで、回します。
DSCF1348.jpg

時々、ゴムベラでかき混ぜながら、
DSCF1349.jpg

ボロボロ状になったら、
DSCF1350.jpg
 
材料を全部入れて、
DSCF1351.jpg

再び、回します。

こんな感じになったら、
DSCF1352.jpg

ペットボトルに入れ
DSCF1353.jpg

で保管。


おすすめは、  ”ゴマポン”
ゴマだれにポン酢を混ぜます。

ごまの濃厚さとポン酢のさっぱり感が混ざっていい感じになります。

お試しください!!


その他、このゴマだれ万能で、ほうれん草やインゲンを茹でたのを和えたり、
サラダにかけたり、豚肉や鶏肉のソテーに和えたり、
冷ややっこにかけたり、とにかくいろいろ使えます。

  1. 簡単レシピ
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。